成長因子で発毛促進

安定的に家賃収入!?マイホーム借り上げ制度とは

安定的に家賃収入!?マイホーム借り上げ制度とは

 

今のマンションを賃貸として人に貸したいという場合、賃貸を扱っている不動産会社を探して仲介をお願いすることになります。

 

うまく借り手が見つかって、トラブルなく、しかも途切れることなく家賃収入を得ることができればいいのですが、現実はそんなに甘くないですよね。

 

それだけに、人に貸すのは大変そう…って思ってしまう人も多いと思います。

 

 

そんなときに、1つの選択肢として知っておいてほしい制度があります。

 

2006年からスタートした「マイホーム借り上げ制度」というものです。

 

 

 

マイホーム借り上げ制度とは?

 

安定的,家賃収入,マイホーム借り上げ制度

 

マイホーム借り上げ制度
http://www.jt-i.jp/lease/index.html

 

 

一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(JTI)が提供しているサービスで、
JTIを経由して自宅を第三者に貸し出すことができる制度です。

 

子育てが終わったシニア層が広い自宅をもてあましてることってありますよね。
一方、子育て中の若い世代は賃貸マンションでは狭すぎてもっと広い家に住みたいと思っています。

 

そこでJTIがシニア層から自宅を借り上げて、若い世代に貸し出そうというのがマイホーム借り上げ制度です。

 

 

一戸建てに限らずマンションでも利用できるようです。

 

 

あまりメジャーな制度ではありませんが、大きなメリットがあるため徐々に注目を集めつつあります。

 

 

ただし、この制度によって自宅を貸し出すことができるのは基本的に50歳以上の人だけ
例外として50歳未満でも利用できる場合がありますが、詳しくは後ほど説明しますね。

 

 

 

 

マイホーム借り上げ制度のメリット・デメリット

 

マイホーム借り上げ制度のメリット

 

空室でも賃料が保証される

なんと言ってもこれが最大のメリットです。
賃貸に出すをためらうのは空室のリスクが怖いからですよね。
この制度の場合、最初の入居者が決まった後は、その後空室になった場合でも最低賃料が保証されます。

 

3年ごとに契約を見直す

人に貸してしまうと出て行ってもらうのが難しくて売りたくても売れないっていう問題もあります。
この制度は、3年ごとに契約が終了する定期借家権を活用しているので3年の節目で売却することが可能です。
もっと貸したい場合はまた3年の契約を結ぶこともできます。

 

入居者と直接関わる必要がない

通常、人に貸す場合、家賃の滞納や入居者とのトラブルも覚悟しておかないといけません。
でも、この制度ではJTIが借り上げてくれるので、入居者とのトラブルも心配する必要はありません。

 

公的な制度だから安心

JTIは政府の第三者機関で、非営利団体です。
国による5億円の基金も設定されています。
つまり、国の後ろ盾があるので、家賃を保証するとうたっておきながら倒産するといった危険もありません。

 

 

マイホーム借り上げ制度のデメリット

 

賃料は相場よりも若干低め

賃料はJTIの査定によって決められます。
相場よりも少し低めになるようですが、空室リスクや滞納リスクがないことを考えれば納得できるかなという感じです。

 

耐震補強が必要なことも

この制度を利用するには、JTIの基準を満たした物件である必要があります。
それほど高い基準ではありませんが、主に水周りの劣化や耐震性のチェックがおこなわれます。

 

年齢要件がある

基本的には50歳以上の人が対象です。
ただし、次の場合には50歳未満でもこの制度を利用できます。

 

・急な減収で住宅ローンの返済に困っている場合
・定期借地に建てられた家の場合
・海外転勤の場合
・相続した家が空き家になっている場合
・親子で同居している家で、生前相続により子ども名義になっている場合

 

 

 

「機構住みかえ支援ローン」でダブルローンが有利に!?

 

 

「マイホーム借り上げ制度」のメリット・デメリットは理解できましたか?

 

もし要件を満たしているなら、かなり魅力的な制度ですよね。

 

安定的,家賃収入,マイホーム借り上げ制度

 

 

 

買い替えを検討しているあなたに、さらに耳寄りな情報をお教えしちゃいます!

 

 

 

「機構住みかえ支援ローン」って知ってますか?

 

 

先ほど説明した「マイホーム借り上げ制度」を利用して現在のマンションを貸せば、新しいマンションの購入費用を借りられるという住宅ローンです。

 

 

今のマンションの住宅ローンを返済しながら新しいマンションの住宅ローンを組む場合、二重ローンになってしまい、返済負担率を満たすにはそれなりの年収が必要になることはこちらの記事で説明しました。

 

 

>>ダブルローン(二重ローン)の条件・審査基準は?

 

 

今のマンションを賃貸に出すから家賃収入があることも考慮してほしいと思っても、銀行は考慮してくれません。

 

だって安定的に借り手がつくがどうかわかりませんから。

 

 

でも、マイホーム借り上げ制度を利用して最低賃料保証を受けることができている場合には、安定的な家賃収入が保証されていることになるので、年収に含めて計算してくれるんです。

 

これは嬉しいですね!

 

 

すべての銀行で取り扱いがあるわけじゃないけど、ざっと調べた限り次の銀行で「機構住みかえ支援ローン」がありましたよ。

 

フラット35
http://www.flat35.com/loan/sumikae/about.html
スルガ銀行
http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/service/kariru/home/lineup/jti.html
常陽銀行
http://www.joyobank.co.jp/personal/loan/pdf/tsuchiura_sumikae_201605.pdf
十六銀行
http://www.juroku.co.jp/release/post_40.html
あしぎん
http://www.ashikagabank.co.jp/loan/relocation/pdf/sb_relocation.pdf
第四銀行
https://www.daishi-bank.co.jp/release/pdf/160129-3301.pdf
八十二銀行
https://www.82bank.co.jp/ct/other000011400/news20150312.pdf

 

 

こちらの記事もどうぞ♪

 

 

>>まだまだ住宅ローンが残ってるけど、どうしても買い替えたい!

 

 

>>今のマンションを賃貸として貸すには