成長因子で発毛促進

一般媒介 専任媒介 媒介契約 結び方

一般媒介?専任媒介?かしこい媒介契約の結びかた

 

不動産会社にマンション売却の仲介をお願いするときは「媒介契約」を結びます。

 

媒介契約には3つの種類があります。

 

・一般媒介

 

・専任媒介

 

・専属専任媒介

 

 

どの契約でお願いするのがいいんでしょうか?

 

 

 

3つの媒介契約、何がちがうの?

 

 

それぞれの媒介契約の主な違いは次のとおりです。

 

 

 

一般媒介

専任媒介

専属専任媒介

特徴

何社でも契約できる

1社としか契約できない

1社としか契約できない

契約期間

なし

3ヵ月以内

3ヵ月以内

自己発見取引
(自分で買主を探して売ること)

OK

OK

できない

売主への報告義務

なし

2週間に1回以上

1週間に1回以上

レインズへの登録義務

なし

7日以内に登録

5日以内に登録

 

 

専任媒介と専属専任媒介は実質ほとんど同じ。

 

なので、一般媒介と専任媒介について、メリット・デメリットを比較してみましょう。

 

 

 

一般媒介と専任媒介のメリット・デメリットは?

 

 

 

一般媒介

専任媒介

メリット
  • レインズに登録しなくていいのでこっそり売却できる

 

  • 報告義務があるので販売状況を把握しやすい

 

  • 広告費をかけて積極的な販売活動をおこなってもらいやすい
デメリット
  • 報告義務がないのでどのような販売活動をしているか把握しにくい

 

  • 自社で売却できるとは限らないので積極的な販売活動をしない場合もある
  • その仲介業者に販売力がない場合は売れない

 

 

「レインズ」という言葉が出てきました。

 

レインズとは、不動産業者だけが使える物件の登録・検索システムみたいなものです。

 

レインズに登録すれば、あなたのマンションの情報は全国の不動産会社が検索して見ることができます。

 

 

昔は、一般媒介契約の方が複数の業者と契約できて買い手の幅が広がるというメリットがありましたが、今はレインズに登録するだけで、買い手の幅が十分に広がっていますよね。

 

 

なので、普通は専任媒介契約で依頼する方がメリットが大きいです。

 

 

 

専任媒介契約のかしこい結び方とは?

 

 

ただ、

 

「専任でお願いするのに売却をがんばってくれなかったらどうしよう・・・」

 

「専任で契約したとたん態度が変わったらどうしよう・・・」

 

という不安もあるかと思います。

 

 

そこで、そんな不安を払拭できる戦略をお教えします!

 

 

専任媒介契約を結ぶときのかしこいやり方。

 

それは・・・

 

 

まず1ヵ月で契約するという方法です。

 

一般媒介,専任媒介,媒介契約,結び方

 

 

「3ヵ月まで」とあるので3ヵ月で結ぶ人が多いんですが、3ヵ月以内なら1週間でも1ヵ月でもいいんですよ。

 

もし3ヵ月で専任契約して、3ヵ月間動きが悪かったら最悪ですからね。

 

ただ、1週間ではほとんど動けないので「1ヵ月」程度がちょうどいいと思います。

 

 

1ヵ月のがんばりを見て合格点であれば契約を更新するって感じですね。

 

 

通常は3ヵ月で結ぶ人が多いので「1ヵ月で」とは言いにくいかもしれませんが、

 

「こちらも1社だけに依頼するのはリスクがあるので・・・」

 

「次は3ヵ月契約で更新しますから」

 

って頼んでみてください。

 

 

これで、こちらの意図を理解して「わかりました!がんばります!」って引き受けてくれる不動産会社なら期待できます。

 

「1ヵ月では難しいですね〜」と渋るような会社はやめておいた方がいいかな?と思いますよ。

 

 

>>ここをチェック!信頼できる不動産会社の見つけ方